dadada_odaQのブログ

「ヒマだから帰ります」

ベーシックインカム 反対

ベーシックインカムに反対。

もしくは、実現できないと考えている。

 

まず、多くの人間が機械やAIに置き換わるほど、それらは進化するのだろうか。

遠い未来はそうかもしれないが、

あと20年やそこらでは変わらないのでは。

 

仕事で(ざっくりいうと)設計中の製品が正常動作するかどうかコンピュータを使用してシミュレーションするが、

結局、どんな情報をインプットするか、どんな状況を想定するかによって、シミュレーション結果はいかようにでも変わる。

考えうる全ての事柄を都合の悪いほうに考えると、たいがいシミュレーション結果では製品は正常動作しない。

「でも、こんな条件で使う人いるかぁ?」とか、「居たとしても、それは自己責任と言い放ってもいいんじゃない?」とか、「ちょっとこの条件は経験的に緩和してもよさそうだから、数字をいじるか」とか、交渉と妥協を経て製品化されることがほとんどだ。しかも、「あれやこれや考えたけど、結局絶対的なことは言えないね。まぁ、これでいけそうだから、やってみっか」的な誰かの最終判断が往々にしてある。

こんなことまで、AIができるんだろうか?

AIだって、森羅万象を把握しきって考えることはできないだろう。あいまいな部分に対して、OK・NGの判断(人間は経験と勘と度胸でやっちゃってる)ができるんだろうか。あいまいな部分を無くそうとして、計算が収束しなくなるんじゃないか。判断するときには、良いか悪いか、人のいい加減さが必要だろう。

つまり、AIとかロボットって、すでに存在する価値を大量生産するのは得意だけど、新しい価値を作り出すのは苦手なんじゃないかな。

もしかしたら、ここらへんは、ベーシックインカムが想定する機械化・AI化の範疇を超えてるかもね。

でも、みんなの仕事って、それが単純労働であれ、若干でも人間味が必要で、新しい価値を生み出しているんじゃないかな。どうなんだろ。

 

次に、機械化・AI化が進んで、多く人の仕事が無くなったとして、今想定されている月8万円かそこらで人は満足した生活がおくれるのだろうか。

今の自分なら家賃と光熱費でほぼ使い切っちゃうな。もっとお金欲しい。

でも、自分がかつてやっていた単純労働はもはや人間の仕事ではなく、賃金は得られない。

追加の収入を得るには、AIではできないようなよりクリエイティブな(?)、あるいは美的センスを必要とされる仕事をしなければ!

 

そんなのできるならとっくにやってるよ。

そんなことがもともとできている人は既に成功していて、AI化が進んでベーシックインカムが導入されても、変わらず仕事を続けて高収入を得ることになる。いや、雇っていた人たちをAIに置き換えることで人件費が浮いてもっと高収入になっていく。

収入の無かった人は月8万もらえるようになる。

並みレベルの仕事をしていた人は、8万円で生活しなければならない。しかも、社会保障は手薄。ろくな仕事もなく、追加の収入は得にくい。

底辺は微浮上(あるいは社会保障が手薄るになる分そのまま)で、上辺はさらに浮上で、中間は押しなべて底辺と同じレベルにダウン。

こんな感じになっちゃうんじゃない?

 

8万円で生活なんてできない。

AI化によって、いろんな物価が下がったとしても、

家賃や光熱費は大きく値下げされるのか?

ベーシックインカムに賛成している人って、資本家と、本当にクリエイティブな人で既に成功している人と、自分はクリエイティブな(?)人間だけど現状は認められていないと悶々としている勘違い人間に多い気がする。

資本家、地主、天然資源の所有者、クリエイティブな人がさらに金持ちに、それ以外は貧乏人になるとんでも社会が待っているのか。